花やしきは子ども向け遊園地!料金や割引、アクセス、混雑状況などまとめ

3歳と0歳の子連れで浅草花やしきに行ってきました。幼児ピッタリのアトラクションがたくさんある子ども向けの遊園地としてすごく楽しめました!

感想とともにも料金や割引、アクセスや混雑状況などをまとめましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

浅草花やしきはココがすごい!

昔懐かしい雰囲気の遊園地です。

昔懐かしい雰囲気の遊園地です。

浅草花やしきは東京都台東区にあり、開園が1853年という日本最古にして、開業165周年というものすごく歴史のある遊園地です。

その歴史のすごさもさることながら、初めて行ってビックリなのはその狭さ…浅草花やしきのすごいところをご紹介します!

子どもにピッタリの遊園地!

3歳でも安心して乗れる乗り物ばかり

3歳でも安心して乗れる乗り物ばかり

浅草花やしきの乗り物は対象年齢が2歳からのものが多く、中には0〜1歳でも可ということもあり、幼児や小さい子どもには最高の遊園地です。

デートで来ているカップルなどもいますが、どちらかというとお化け屋敷などのスリル系アトラクションで遊ぶことがほとんどのようでしたので、園内はちびっ子とその保護者ばかりという感じです。

園内はとても狭く、一周ぐるっと歩いて回るのに5分もかからないと思います。そんなコンパクトな遊園地なので子どもは大はしゃぎで次から次へと乗り物に向かいます。

子連れに優しい!

子ども向け遊園地ということで、2歳でも乗れるアトラクションが多いのですが、4歳以下の場合は基本的にアトラクションは保護者が付添いで乗る必要があります。

他の施設だと付き添いの保護者も料金が発生することが多いですが、浅草花やしきの場合は付添の大人の乗り物券は不要です!子どもの乗り物料金だけで済むので子連れのお財布に優しい遊園地です。

あと、うちの子が園内にあるゲームセンターのクレーンゲームで遊んだのですが、ゲームが終了直後に景品が落ちて、でもゲーム終了後だったので諦めたのですが、スタッフの人がオマケでゲーム台を開けて景品をプレゼントしてくれました。スタッフの人の子どもへの優しい対応が素敵です。

昭和感たっぷりのノスタルジックな雰囲気

昭和の遊園地の定番?!パンダーカー3人組!

昭和の遊園地の定番?!パンダーカー3人組!

開業165周年という超老舗であることと、場所が浅草ということが相まってものすごくノスタルジックな雰囲気が漂っています。

悪く言えば古い、狭い、、なんですが、なんというか、昭和感と言うか、古き良き時代の遊園地という感じです。大人からすると古臭く感じるものも、子どもたちにとっては新鮮なのかも知れません。

パンダカーが3台並んでいるのを見つけた子どものはしゃぎっぷりもすごいですが、大人の私たちもほっこりします。笑

遊園地と合わせて浅草の町も堪能できるのも良いですね。

浅草花やしきとは?

浅草花やしきについて概要をまとめました。

浅草花やしきについて

営業時間 10時〜18時(冬季の平日は10時〜17時)
※最終入園は閉園30分前
※時期により営業時間が変わります
営業日カレンダー:https://www.hanayashiki.net/businesshours
場所 東京都台東区浅草2-28-1
電話番号 03-3842-8780
最寄駅 つくばエクスプレス 浅草駅(徒歩3分)
銀座線・浅草線・東武スカイツリーライン 浅草駅(徒歩5分)
駐車場 無し ※周辺駐車場についてはこちら

入園料金、乗り物券、フリーパスについて

浅草花やしきは入園券+乗り物券で遊ぶ形です。フリーパスもあり、その場合は入園料+乗り物フリーパスという形式です。

<入園料>

大人(中学生無料〜64歳) 1,000円
小人(小学生) 500円
シニア(65歳以上)
500円
未就学児 無料
障がいをお持ちの方 無料 ※要障がい者手帳

<乗り物券>

普通券(1枚) 100円
回数券(11枚綴り) 1,000円

<乗り物フリーパス>※入園料別途

大人(中学生無料〜64歳) 2,300円
小人(小学生) 2,000円
シニア(65歳以上)
1,800円
未就学児 1,800円

アトラクション一覧と乗り物料金

狭い園内にたくさんのアトラクションがぎっしり!

狭い園内にたくさんのアトラクションがぎっしり!

浅草花やしきのアトラクションは乗り物券が必要なものと個別に料金が必要なものがあります。

アトラクション 料金(乗り物券) 身長制限 年齢
ローラーコースター(運休中) 5枚/フリーパス 110cm以上 2歳〜乗車可
スペースショット 5枚/フリーパス 130cm以上 2歳〜乗車可
リトルスター(運休中) 3枚/フリーパス 120cm以上 2歳〜乗車可
ディスク・オー 4枚/フリーパス 120cm以上 2歳〜乗車可
お化け屋敷 3枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
メリーゴーランド 2枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
ぴょんぴょん 2枚/フリーパス なし 2歳〜乗車可
スカイシップ 2枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
ヘリコプター 2枚/フリーパス なし 2歳〜乗車可
ちびっ子観覧車 2枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
ちびっ子タクシー 2枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
スワン 2枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
シラサギ(運休中) 3枚/フリーパス 90cm以上 2歳〜乗車可
カーニバル 2枚/フリーパス なし 2歳〜乗車可
ビックリハウス 2枚/フリーパス なし 2歳〜乗車可
スリラーカー 3枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
ゴーストの館 3枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
3Dシアター立体キネマ館 3枚/フリーパス なし 0〜1歳乗車可
パンダカー 200円(現金のみ) なし 0〜1歳乗車可
縁日コーナー 300円〜(現金のみ) なし 0〜1歳可
浅草大迷路 忍ノ砦 400円(現金のみ) なし 0〜1歳可

この他にも謎解き系のアトラクションやイベント、ゲームコーナーなどがあります。

割引情報、お得情報

<コンビニで前売券を購入する>

各種コンビニで「入園券+フリーパス」引換券が販売されています。フリーパスもついていることから、かなりお得かと思います。

  • 大人(中学生~64歳) ¥2,700(通常3,300円)
  • 小人(小学生) ¥2,000(通常2,500円)
  • シニア(65歳以上) ¥1,900(通常2,300円)
  • 未就学児(2歳以上) ¥1,500(通常1,800円)

ローソン:http://l-tike.com/search/?lcd=33788
セブンイレブン:http://7ticket.jp/s/062678/p/20190430/1

<東京スカイツリーの入場券提示で入園無料>

入園ゲートにて、東京スカイツリー(東京スカイツリー展望デッキ・東京スカイツリー展望回廊)の入場券を提示すると浅草花やしきの入場料が無料になります!

【キャンペーン期間】2014年5月22日~2019年5月21日
※期間中でも対象外の日がありますので詳しくは公式サイトをご確認ください。
https://www.hanayashiki.net/fee/fee03

<JAF会員割引>

乗り物回数券(11枚綴り)通常1,000円がJAF会員証の提示で700円になります!
その他、期間限定でJAF会員が入園無料のキャンペーンなどがあります。

<その他お得情報は公式ツイッターをチェック>

入園無料などのキャンペーンについて浅草花やしき公式ツイッターでお知らせされていることがありますので、お出かけ前に要チェックです!

東京都民の日や埼玉県民の日、千葉県民の日、神奈川県民の日と独自に決めた記念日に入場無料になるユニークなキャンペーンや、学割など様々なお得情報が公式Twitterで発信されています。

浅草花やしき公式ツイッター:https://twitter.com/hanayashiki1853

2019年2月末までリニューアル改装中

浅草花やしきは2019年に新ホール「花劇場(かげきじょう)」がオープンするそうです。そのため、2018年より2019年2月末までの予定で一部のアトラクションが運休し、リニューアル工事エリアは立ち入りできません。

リニューアル工事中も閉園ではなく立入禁止の状態で営業されています。

> 新ホール建設&園内工事・アトラクション運休のお知らせ
> アトラクション運休情報

行ってみてわかった花やしきQ&A

浅草花やしきに実際行って遊んでみてわかったことをまとめました。

混雑状況は?

開園直後の裏口チケット売り場。行列に見えても5分程度です。

開園直後の裏口チケット売り場。行列に見えても5分程度でした。

我が家が行ったのは3連休の最終日で、おそらく混雑しやすい日だったと思いますが、開園直後の10時10分くらいの到着でしたが入場待ちはほぼない状態で入場できました。

裏口にあたる笑雲閣門(しょううんかくゲート)からの入場で、入場チケット売り場が5分程度の行列でした。

アトラクションや乗り物待ち時間についてはほとんどが5〜10分程度の待ち時間で、長いもので15〜20分ほどの待ち時間という感じでしたので、連休中にも関わらず意外と空いているなという印象です。

それでも、何度も来ている人の声として「今日は混んでる」とのことだったので、平日や通常の週末であればもっと空いているのではないかと思います。

ただ、夏休みや春休みなど子どもが休みになるような時はとても混雑するようです。

駐車場はある?車での来場の注意点とオススメ駐車場

花やしきの来場客だけでなく、浅草自体に観光客が多い観光地であるため駐車料金もお高めです。浅草花やしきには駐車場はありません。車で行く場合には周囲のコインパーキングなどに停めることになります。コインパーキングも大型のものは少なく、小さなものが点在している感じです。

車での来場で注意が必要なのはコインパーキングの駐車料金で、平日と土日祝で駐車料金が大きく違うところが多く、土日祝だと花やしきまで徒歩5分圏内の駐車場は「当日最大料金」が設定されていないところがほとんどです。駐車料金に上限がなく駐車していた時間だけ料金がかかるので注意してください。

また、「当日最大料金」が設定されているように見えるコインパーキングの看板であっても「平日のみの当日最大料金」である場合がありますので土日祝の来場は注意してください。

駐車場のオススメは事前予約か、上野駅方面のタイムズ

駐車場は事前予約できるサイトから探して事前に予約しておくのがオススメです。

予約ができる格安駐車場検索


花やしき周辺の駐車場予約

https://www.akippa.com/kanto/tokyo/hanayashiki

事前予約で注意が必要なのは、花やしきすぐ近くで1日駐車で1,000〜1600円くらいの安い駐車場がありますが、機械式駐車場で高さ制限が「155cm」というケースがあります。155cmの高さ制限はかなりの車がかかってしまうため注意してください。

事前予約ができなかった場合、花やしきまで徒歩10〜15分ほどかかってしまうのですが、花やしきの西側あるのつくばエクスプレス浅草駅とJR上野駅の間にたくさんあるコインパーキングのタイムズがオススメです。土日祝でも当日最大料金が1,500〜2,000円で駐車できます。

浅草駅とJR上野駅の間のタイムズ
https://times-info.net/P13-tokyo/C106/BUK0026589/

花やしきに車で行く場合は駐車料金抑えるために10〜15分ほど歩く覚悟が必要です…。

フリーパスは買ったほうが良い?

付添の大人は乗り物券は不要なため、子どもの付添で行く場合は大人のフリーパスはいらないと思います。

子どもについてはコンビニで「入園券+フリーパス」を買うのが良いと思います。特に未就学児のフリーパス(1,500円)はお得だと思います。

子どもについては、ディスク・オー(乗り物券4枚、身長120cm以上)、スペースショット(乗り物券5枚、身長130cm以上)の2つの乗り物以外は、乗り物券が2枚または3枚で乗れます。

ですので、お子さんが小さく身長120cm以下の場合はフリーパス(未就学児1,800円)はなくても、1,800円までのチケットで十分楽しめると思います。120cm以上だとディスク・オーやスペースショットに乗る可能性があるのでフリーパスがあっても良いかも知れません。

うちの子の場合は3歳で120cm以下ですが、11枚綴り券(1,000円)と5枚(500円)の計16枚(1,500円)を購入し、券2枚のアトラクションに8回乗って2時間ちょっとの滞在でした。暑かったこともあり3歳の体力だとこのくらいがちょうど良いかなという感じでしたが、フリーパスをコンビニで買っていっても良かったかも知れません。

2歳や3歳、年齢別のオススメのアトラクションは?

子ども向け絶叫マシン「ぴょんぴょん」。うちの子は大ハマリ。

子ども向け絶叫マシン「ぴょんぴょん」。うちの子は大ハマリ。

基本的にチケット2枚のアトラクションは2歳、3歳でも楽しめるものだと思います。

3歳のうちの子はチケット2枚のものに全部乗りましたが、中でも「ぴょんぴょん」と「カーニバル」というちびっ子向けの小さい絶叫系アトラクションにハマっていました。(ぴょんぴょんは2回乗りました)

2歳では「ぴょんぴょん」「カーニバル」「ビックリハウス」はまだ少し早いかなという印象です。

ジェットコースター系は運休中ですが、身長制限もありますので3歳以下はあまり現実的ではないかもしれませんが、その他のアトラクションで十分に楽しめると思います。

そして、0〜1歳はメリーゴーランド、ちびっ子観覧車、スワンくらいがオススメかも知れません。うちの0歳9ヶ月の子はまだそれほど楽しめてはいないようでした。

食べ物は持ち込める?

食べ物は持ち込めますが、浅草花やしき園内には休憩するスペースが少ないので、食べる場所の確保が難しいかも知れません。レジャーシートなどを敷くスペースはありません。

大きくはありませんがフードコートはありますが、一旦外へ出てからの再入園もできますので遊園地の周辺でのランチも良いかも知れません。浅草ということもあり、もんじゃ焼きなど下町のお店がたくさんあります。

また、花やしき園内にバーベキュースペースがあり、そちらでバーベキューをしつつ遊ぶこともできます。前日までにバーベキューを予約した場合は入園料無料のサービスもあります。

花やしきバーベキュー公式サイト
https://esp05.dt-r.com/hanayashiki-event/

ベビーカーは持ち込める?

ベビーカー置き場ではないけれど、みんな固めて置いてます。

ベビーカー置き場ではないけれど、みんな固めて置いてます。

ベビーカーは持ち込めます。幼児や小さい子どもが多い遊園地ですので、ベビーカーの子連れ客も多いです。

ただ、我が家も0歳の子をベビーカーで連れていましたが、浅草花やしきは園内が狭すぎるのと、アトラクションや乗り物に乗るために2階や3階に上がる必要があることも多く、さらにエレベーターはなく階段しかないため、ベビーカーでの移動はかなり不便です。

ベビーカー置き場らしきものはありませんが、園内の中央の一角に各家庭のベビーカーがまとめて置いてある場所がありますので、置いておく時はそこになると思います。

保護者が2人以上いる場合は、どちらかがベビーカーを持って地上にいて、子どもと保護者一人が乗り物に乗るのを眺めるような感じになると思います。

授乳室などはある?

スペースショットというアトラクションの真下に授乳室が2室あります。ミルクを作る用の給湯器もありました。

施設自体が古いこともありベビーベットなども年季が入っているなという印象でした。(不潔というわけではありません。)

雨の日でも楽しめる?

屋内のアトラクションのお化け屋敷や、ゲームコーナーなどはありますが、かなり物足りないのではないかと思います。

同じ入場料を払って遊びに行くのであれば雨の日はあまりオススメはできないです。

まとめ

浅草花やしきは子ども向けの遊園地としては最適です!幼児でも大抵のアトラクションに乗れるため、自分で選んでアトラクションに乗れるというのが嬉しいみたいです。

ただ、車で行く場合は駐車場の確保と料金にだけ注意してください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

<こちらの記事もオススメです>

サンリオピューロランドは完全屋内で雨の日も楽しめるテーマパークです!実際に行ってみてわかった楽しみ方やお得な入場方法をご紹介します。キティちゃんやシナモロール、ポムポムプリンやぐでたまなど人気キャラクター勢揃いで子供も大人も楽しめます!
東京ディズニーランド、ディズニーシーの花火が見えるホテルを調べてみました!ディズニーホテルやオフィシャルホテル以外でも色々なホテルで見ることができるようです。年越しやクリスマスなどディズニーリゾートの近くに宿泊で見れるかも?!
としまえんのアソブラボーに行ってきました!屋内施設のため雨の日でも、冬や夏の気温も気にせず遊べます。4歳と1歳を連れて行った感想と料金や混雑状況などをご紹介します。
「過激な牛乳食パン」で有名な成田ゆめ牧場は小さい子でも出来る乳しぼり体験や盛りだくさんのアトラクションがあり、都心からも近い家族での日帰り旅行にオススメです!そんな成田ゆめ牧場の楽しみ方や実際に行ってみてわかったことなどをご紹介します!
板橋こども動物園は無料で動物と触れ合える幼児〜小学校低学年向けの動物園です。現在はリニューアルオープンに向けての改修のため長期休園中です。リニューアル後の完成イメージや、休園中の出張動物園の予定などをご紹介します。
スポンサーリンク
レクタングル(大)


シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)